表面加工のアレンジ

まずは、指輪の土台部分の表面仕上げの方法です。グロス(鏡面)仕上げホーニング(つや消し)仕上げは以前から広く用いられてきましたが、最近では指輪の表面にごく細い線を刻むヘアライン、細い棒で叩いていくことでキラキラした状態を作るスターダスト、金槌で叩いて個性的な粗い表面にする槌目など、表面仕上げのバリエーションも多くなっています。

ミルグレイン(ミル打ち)は、指輪の地金の端やライン部分に小さな丸い粒を連続して打刻するものです。ヨーロッパで古くからなされてきた加工の方法で、アンティークな雰囲気になります。シンプルなデザインの指輪であっても、ミルグレインを施すことで立体的な印象を持たせることができます。細かい作業のため熟練した技術が必要となりますが、それだけに効果は大きく、小さな無数の玉が光を受けて輝く、存在感のある指輪になります。

婚約指輪のような大きなものではないにしても、結婚指輪にも宝石をつけることは最近では珍しくなくなりました。指輪の地金部分に誕生石などの小さな宝石をいくつか入れる、ごく小さな石(ダイヤモンドが選ばれることが多い)を半周~1周分並べてつけるなど、石を入れることによって、指輪全体の印象を大きく変えることができます。

また、指輪の地金に使う金属の選び方でも印象は大きく違います。日本ではプラチナが多く用いられますが、ゴールド(金)を使えばまた違った印象になりますし、デザインによっては色の違う地金を組み合わせることで独特の雰囲気を持たせることも可能です。気に入ったデザインや表面加工を上手に組み合わせて、納得のいく指輪が作れるといいですね。

オリジナルの指輪作り

結婚指輪をどんな形のものにするか、迷いますよね。指輪に入れたいモチーフなど、こだわりたいことがあるなら、希望を聞いてデザインを起こしてくれる店に頼むのがよいでしょう。そこまで強いこだわりがなければ、まずはいくつかの店で、既存の中から気に入ったデザインを選んでみましょう。いくつものデザインを見ていくと、好みの方向性が決まってきます。

気に入ったデザインが見つかり、指輪づくりを依頼する店が決まったらオーダーして作ってもらうわけですが、その際に指輪の裏側に名前やメッセージなどを刻印することは以前から広く行われています。また、最近では裏側に小さな宝石(裏石)を入れるなど、見えないところにもオリジナリティがある指輪を作る人も増えています。

一方、指輪の外側のデザインに関しては、フルオーダーでない限りはあらかじめ決まっているものの中から選ぶわけですが、実は多くの店で、そのデザインにアレンジを加えることが可能になっています。結婚指輪は基本的に1つずつがオーダー品。全く同じ形であっても、表面加工の仕方などによって印象は大きく変わり、ふたりだけのオリジナルの指輪を作ることができるのです。以下で、指輪の表面加工に関して、どのようなアレンジができるのかを見ていきましょう。

結婚指輪を選ぶ前に

左手の薬指に輝く指輪は、結婚(婚約)していることの証であり、結婚指輪に憧れを持つ人にとっては特別な意味合いがありますよね。少し前の時代には、いざという時の財産も兼ねた高価な婚約指輪と普段使いの結婚指輪の2種類が一般的でしたが、現在では指輪に対する価値観も多様化しています。

実際のところ、結婚に際して全てのカップルが結婚指輪を買うわけではなく、結婚式で交換するだけで普段は身につけなかったり、時計など他の形で身につけられるものを贈りあったりする人もいるようです。最近では、婚約指輪をなしにしてその代わりに結婚指輪にお金をかけたり、デザインに凝ったりする人も増えています

結婚指輪を買うにあたって大切なことの1つに、予算を決めることがあります。婚約指輪ほどではないにしても、材質にこだわるなどすると高価になりがちです。お互いに贈りあうのであればなおのこと、予算のことは冷静に話し合っておきましょう。

指輪を買うと決めたら、まずはインターネットなどで情報を集めてみましょう。もちろん、店頭などで実物を見ることも大切なのですが、慣れない状況で緊張してしまっては落ち着いて選ぶことはできません。実際に見に行く前に、ある程度の知識と価格の相場などは頭に入れておくとよいでしょう。

結婚指輪を選ぶには

結婚が決まったみなさん、おめでとうございます。式や披露宴、そして結婚後の生活について、夢見ることは多いですよね。結婚を記念した特別な買い物の予定も多々あることでしょう。結婚に際して、プレゼントを贈りあうカップルは多いものです。思い出に残るもの、毎日使うもの、身に着けるものなど選び方はさまざまですが、多くの人が送りあうのが結婚指輪ではないでしょうか。

結婚指輪の起源は古く、古代ギリシャでは男性が思いを寄せる女性に指輪を贈っていたそうです。結婚指輪をお互いに贈りあうようになったのは9世紀ごろからで、11世紀ごろには教会が指輪に祝福を与えるようになり、13世紀のヨーロッパでは、結婚の儀式の一環として指輪の交換が一般的になりました。

日本で結婚指輪の習慣が広まったのは第2次大戦後で、西洋の文化が広まるようになってからです。時代とともに結婚式の形式も変化し、キリスト教式でなくても指輪の交換は広く行われるようになりました。また、心臓に直結する指として左手の薬指につける習慣も、今では一般的になっています。

結婚指輪というと、少し前の時代まではかまぼこ型(断面がかまぼこのような形をしている)のシンプルなものが多く用いられていましたが、今ではさまざまな工夫を凝らしたデザインの指輪も使われるようになっています。一生に一度の宝物であり、今後の人生に寄り添ってくれる特別なアクセサリーは、どのようにして選べばよいのでしょうか。ここでは、結婚指輪の選び方と、デザインのアレンジ方法についてお話しします。