結婚指輪を選ぶには


結婚が決まったみなさん、おめでとうございます。式や披露宴、そして結婚後の生活について、夢見ることは多いですよね。結婚を記念した特別な買い物の予定も多々あることでしょう。結婚に際して、プレゼントを贈りあうカップルは多いものです。思い出に残るもの、毎日使うもの、身に着けるものなど選び方はさまざまですが、多くの人が送りあうのが結婚指輪ではないでしょうか。

結婚指輪の起源は古く、古代ギリシャでは男性が思いを寄せる女性に指輪を贈っていたそうです。結婚指輪をお互いに贈りあうようになったのは9世紀ごろからで、11世紀ごろには教会が指輪に祝福を与えるようになり、13世紀のヨーロッパでは、結婚の儀式の一環として指輪の交換が一般的になりました。

日本で結婚指輪の習慣が広まったのは第2次大戦後で、西洋の文化が広まるようになってからです。時代とともに結婚式の形式も変化し、キリスト教式でなくても指輪の交換は広く行われるようになりました。また、心臓に直結する指として左手の薬指につける習慣も、今では一般的になっています。

結婚指輪というと、少し前の時代まではかまぼこ型(断面がかまぼこのような形をしている)のシンプルなものが多く用いられていましたが、今ではさまざまな工夫を凝らしたデザインの指輪も使われるようになっています。一生に一度の宝物であり、今後の人生に寄り添ってくれる特別なアクセサリーは、どのようにして選べばよいのでしょうか。ここでは、結婚指輪の選び方と、デザインのアレンジ方法についてお話しします。